「もっと知りたい歯の矯正治療」

清村矯正歯科(川口市)監修

矯正治療中の歯磨きについて

without comments

みなさん、こんにちは。歯科衛生士の宮崎です。

今回は、矯正治療中の歯磨きについてお話したいと思います。

矯正の装置をつけると歯垢(しこう)が溜まりやすくなり、

①歯質が溶けて虫歯になる

②口臭の原因になる

③歯肉炎になる(歯茎が腫れる)

などのことが起きます。

こんなことを言うと、「大変そうだな~」なんて思う方もいらっしゃるかも知れませんが、

しっかりとポイントを抑えれば大丈夫です。

参考にしていただき、皆さん一緒に矯正治療を頑張りましょう。

歯垢がたまりやすい場所は、どこの部分だと思いますか?

矯正治療中の歯磨きを効率よく行なうには、

まずどのような場所が汚れやすいのか知っておく必要があります。

磨きの仕方も個人差があり、その人が持っている癖がありますので、

一概には言えませんが、一般的に歯垢が溜まりやすいポイントは以下の4つです。

汚れがたまりやすい場所ほど、念入りにブラシングするように心掛けてください。

歯垢が溜まりやすい4つのポイント

① 歯と歯茎の境い目(歯頚部)

② ブラケットのまわり

③ 臼歯部(奥歯全体)

④ 特に最後臼歯(一番後ろの歯)

001

002

003

※③、④のブラッシングが苦手な方は、

写真のようなタフトブラシを使う方法が有効です。

==埼玉県川口市の清村矯正歯科オフィシャルサイト==

www.2-koo.com

ご覧になりたい方はこちら